So-net無料ブログ作成
検索選択

悪くないキャンプ最終ゲーム。ただ、中盤の競争は熾烈 by 松尾 潤

雨ばっかりの宮崎キャンプ後半だったけれど、最終日は晴天。

宮崎市内のホテルから愛車ティーダ(レンタカー)でいつものようにFM宮崎を聴きながら綾町にドライブ。ずっと雨の中で運転してきたから快晴だと普段と景色が違って、一瞬「道を間違えたのか」と思うほど景色が瑞々しかった。

ホイットニーのパワープレーも終わり、ラジオからは「いきものがかり」のアサヒ十六茶のCMソング(KISS KISS BANG BANG)が流れてきて気分よく綾町に向かうことができた。

もちろん、G大阪とのトレーニングマッチが楽しみだったから余計にワクワクしたドライブになった。

チェックアウトの日なのでホテルを10時に追い出され、14時のキックオフまでどこで時間をつぶそうかと思案したけれど、食欲は昼過ぎにならないと回復しないのでそのまま綾町に直行。

G大阪が使っているピッチ(錦原運動公園)は約1.5面分あるのでコートをズラせば芝を休ませながら毎日使える広さ。甲府にもこういうピッチがあると毎日練習で使える。

誰もいないピッチを見ながら周囲を散歩して時間を潰したが、寒い上に風が強くて20分ほどで降参。車に戻って世界平和の方法を考えているとYBSテレビのスタッフや知り合いのサポーターの方々が来てようやく孤独から解放された。

G大阪のスタッフはまだ誰も来ていなかったが、そのうち甲府の副務とトレーナーが準備のためにやってきてようやく試合の雰囲気が始まる。

トレーナーは移動式のベッド2台をアウェーチームに貸してくれるプレハブに広げ、治療器具などを準備。副務は選手のスパイク、ユニフォーム、ボールなどを選手が来たらすぐに使えるようにベンチに並べる。撤収もあるので彼らの仕事は根気も必要。

ユニフォーム・練習着などは地元のクリーニング屋さんと契約して1日2回の集配で乗り切っているそうだ。雨の日が多かったので毎日選手のスパイクを磨く主務も大変だと思う。

甲府に戻っても練習グラウンドが医大、押原と変わるたびに大量の荷物をドラックに積んでの移動だから大変。ホームでもアウェーのように荷物を運ぶ日が少なくない。

ストレス発散をしているかもしれないけれど、よく毎日淡々と仕事をこなせるものだとこころから感心する。

憂さ晴らしばっかりの気まぐれライターには・・・・・

※この続きは、次の各サイトでたっぷりご覧下さい。ぜひご利用ください。
VFK公式携帯サイト(iモード版/EZweb版)
VFK公認スマートフォンサイト(ドコモ版/au版)


nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

負けたことをプラスに変える試合 by 松尾 潤

宮崎は雨ばっかり。選手とスタッフは傘をさせないから乾いた服の有難味を感じているはず。

束の間の愛車(レンタカー)日産ティーダがあるから雨でも移動は億劫にはならないけれど、傘をさしてメモを書きながら試合を見るのには忍耐力がいる。

子供のころから忍耐力と集中力には見放されていたので、2月13日の徳島対大分の45分×4本は苦しかった。

徳島の前監督の美濃部さんが徳島のテレビ局の仕事で来ていたので、雑談しながら試合を見れば気が紛れると思って話しかけたら「仕事中や」ってあっさりフラれた。

飽きたら隣のジャイアンツのキャンプでも冷やかそうと思ったけれど、雨で室内練習場でしかやってなくてこちらも断念。

甲府の午後練習はオフだったが、結局3本目まで見てから、2日連続の『きむら』のラーメンを御褒美にして自分を甘やかした。

シーズンに入ればどうなっているかは分らないが、徳島も大分も現時点ではよくなかったことが最大の収穫。ビルドアップができないチーム同士でガチャガチャやっていただけだった。

翌日のC大阪とのトレーニングマッチも雨。やたらホイットニーヒューストンの曲が流れるFM宮崎を聴きながらシーガイアに行ったが、さすがに雨の中サッカーを見ようという人は少なかった。

C大阪のグラウンドには屋根付きの観客席などはなく、記者もファン・サポーターも立ち見。傘をさしても膝下と両肩・両ひじがずぶ濡れになる天気では地元の人は来ない。

運よく小さいテントのなかで見ることができたのだが、1本目の甲府は悪くなかった。0-2と2点のリードを許すあたりまでは。

今年テレビで解説の仕事をする美濃部さんが勉強のために来ていて、隣で見ていたのだが「C大阪も甲府も昨日の試合(徳島対大分)とはクオリティが違うなぁ。こっちの試合は面白い」ってツイッターではなく・・・・・

※この続きは、次の各サイトでたっぷりご覧下さい。ぜひご利用ください。
VFK公式携帯サイト(iモード版/EZweb版)
VFK公認スマートフォンサイト(ドコモ版/au版)


nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

宮崎雑感 by 松尾 潤

いや~やっぱりイイ。今年の甲府。

ただ、今感じているフィーリングだけで「首位独走」、「間違いなくJ1昇格」なんてバラ色の結果を予想することはできない。

07年はキャンプで良かったけれど、結果は降格だったので慎重になろうとは思うけれど、やっぱりいいものはイイ。

海野一幸社長からバックマージを貰えるわけではないけれど、シーズンチケット買った方がいいですよ!

勝てるかどうか、昇格できるかどうかという価値観ではなく、アグレッシブで狙いの分りやすいサッカーを楽しむことができると思う。

今のまま進んで行ければ、きっと熱いシーズンになるはず。

いい理由を具体的に書くのは後半のトレーニングマッチ(C大阪広島、G大阪)を待つことにして、今回は宮崎雑感ネタ。

宮崎に着いてレンタカー会社の営業所で日産ティーダを借りた。今時のレンタカーは当然禁煙車なので出発する前に一服と思って喫煙場所の自動販売機を見ると、「いろはす」の500mlが120円。

それも「期間限定割引中」ってシールが貼ってあったけれど、東京でも山梨でも100円位で売っていたような…。

物価は競争が激しい地域が一番安いということなのか。

宮崎で最初に見たトレーニングマッチはシーガイアで行われた横浜FM対松本。

横浜FMは前日に福岡とトレーニングマッチを行っていたので、コンディションは良くなかったと思うが松本に主導権を明け渡している時間が長かった。

横浜FMが使っているグラウンドはベンチ側のすぐ外がネットを挟んで駐車場なので観客はベンチの声がほとんど聞こえる。

45分×3本の最初の2本を見たのだが、松本の反町監督は後ろにいる松本サポーターを意識しているのか、大きな声で呟いてくれる。「シュートがスローインになるのか」なんて、クスッと笑える自虐的な呟きが面白い。

それに何故かときどき関西弁で「グッドや」「そうや」なんて声も出る。

もちろん、大事なことは・・・・・

※この続きは、次の各サイトでたっぷりご覧下さい。ぜひご利用ください。
VFK公式携帯サイト(iモード版/EZweb版)
VFK公認スマートフォンサイト(ドコモ版/au版)


nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

2次キャンプ・トレーニングマッチ 京都戦リポート by 今村有一YBS取材班

J1、J2クラブとのトレーニングマッチが5試合組まれている2次キャンプ

その中でも2月11日の京都サンガ戦に関心を寄せていた方は多いのではないでしょうか。

京都を率いるのは、ヴァンフォーレ・サポーターには言わずと知れた、大木武監督。ヴァンフォーレを初めてJ1昇格に導き、その後は日本代表コーチとしてワールドカップも経験。今年度の天皇杯では京都を準優勝に導きました。

そして京都には、倉貫一毅選手、秋本倫孝選手と、大木ヴァンフォーレを支えてきた顔触れもいます。

ヴァンフォーレのひとつの時代を築いた懐かしき面々、そして来季J1昇格の強力なライバル…。

YBSが取材しない訳はないですよね!

強行日程を組み、トレーニングマッチの地、鹿児島県へ行ってきました!

45分×3本。城福浩監督は「ご想像にお任せします」とは言いながらも、1本目の先発は、けが人を除きつつ、「現時点での主力を揃えてきた」という印象を受けました。

GKは荻、センターバック(CB)が盛田とドウグラス、サイドバック(SB)は右が福田、左が石原、ボランチは保坂と井澤、サイドハーフ(SH)が柏、片桐、2トップが高崎とダヴィでした(呼称略)。

キックオフから1分と経たないうちに、片桐淳至選手が相手DF3人に囲まれながら強烈なミドルシュートを相手ゴールに突き刺します!

新背番号8は開幕に向け、調整は順調のようです。

その後、1点を失いますが、この11人での戦い方は全体を通して安定していたように感じました。

ボールポゼッションを重視し、フィールドプレーヤー全員でパスをつなぎます。

かと言って・・・・・

※この続きは、次の各サイトでたっぷりご覧下さい。ぜひご利用ください。
VFK公式携帯サイト(iモード版/EZweb版)
VFK公認スマートフォンサイト(ドコモ版/au版)


nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

新・背番号10の決意 by 今村有一YBS取材班

言わずもがな、『背番号10』はサッカー界では特別なナンバーです。

それをまとった瞬間、イレブンの中でもひときわ大きい責任をも背負うことになります。

その10番を今シーズンから身に着けるのが、在籍5年目で22歳のMF井澤惇選手。

昨季は後半からボランチとしてレギュラーに定着し、リーグ終盤では2ゴールを挙げるなど飛躍の1年となりました。

攻守ともに絶妙なタイミングで顔を出し、チームにリズムと安定感をもたらす力はピカイチでしょう。

「よっ10番!」

「さすが10番は違うなぁ~(笑)」

井澤選手のインタビューを収録しようとすると・・・・・

※この続きは、次の各サイトでたっぷりご覧下さい。ぜひご利用ください。
VFK公式携帯サイト(iモード版/EZweb版)
VFK公認スマートフォンサイト(ドコモ版/au版)


nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。